金と時間が儲かるように、日々の行動を磨いていく

アルジ(Aruji@店主)のお金やガジェット・ビジネス系多めブログ、マネ勉 アルジはマネーの勉強中の記事のサムネイルアイキャッチのために用意した画像

ちょっとずつですが、経済的にも可処分時間的にも

暮らしが改善されてきている今日このごろです。

何に気をつけて、生活を良くしてきたのかを

備忘録がてら書いていきます。

金と時間が豊かになれば、人生というものを楽しめるのは

どうやら間違いない。

減らすべきものを減らして、増やすべきものを増やす。

端的に言えばそれだけなんですが、これが中々難しいもんですね。

まずは浪費を減らす

まずは、浪費を減らしました。

浪費は、「お金も時間も生んでくれないもの」です。

ぼくの中での浪費は、例えばスマホゲーム。

結局は運営の設定や気分しだいで楽しさが変化します。

そして終わりがきた時、かけた時間が水泡に帰す…。

その終わりを想像しただけで虚しい気持ちになります。

なのでスマホゲームはやらないですね。

数年前に流行ったポケモンGOを、当時話題についていくために軽く触った程度。

トレンドや流行をつかみ、「なぜこれが流行っているのか」を考えるのは稼ぐ脳みそを作るために重要な栄養です。

SPONSORED LINK

娯楽を減らすか、換金する手立てを考える

たとえばテレビゲーム。またゲームで例えますが、

いわゆるゲーム実況が出来そうなやつね。

これもぼくは手を出しませんね。

ぼくはゲーム実況なんかの喋り続けるタイプのアクションは苦手だと思っているので、

少なくとも今のところは手を出さないですね。

銃で撃ちまくる対戦型のゲームとか、酔いそうだし…。

昔のドラクエとか2Dのものなら酔わないから好みで言うと好きなんですけどね。

向いてる人からすれば、これが稼ぎ方になり娯楽として楽しみながらお金に変えることが出来るのかもしれません。

自分がマネタイズ出来るのか、それをしたいのか考えるのも大事。

継続は力なりって言いますけど、そもそも楽しめないことって続けるだけで大変ですからね。

信用を稼ぐために、まずは自分を信じる

重要なのは信用を稼ぐってことなのですが、

その手前には、まずは「自分を信じる」ってのがあると思っています。

目標を達成出来ると信じる。

自分を信じると書いて、「自信」です。

自信がなさそうな人の言葉って、そんなに信用出来ないと思いませんか?

まずは、自分を信じてスッと背すじを伸ばしてシャキッと立ちましょう。

そして一歩ずつ、進めばいい。

ぼくはそう思っています。

SPONSORED LINK

増やすのは、知恵と、行動するための金と時間

ぼくは読書が楽しめる人間に育ちましたので、

知恵を増やすのに手っ取り早い読書は大きな武器になりえます。

あとは読む時間を作ること。本を買い続けるお金を用意、もしくは稼ぐこと。

これを続けるだけで、負ける確率をどんどん下げることが出来ます。

あとはガンガン試して、精度を上げていく。

まとめ、行動の取捨選択で金と時間をゲットしよう

金と時間を儲けるために、

何を減らして、何を増やしていくべきかをよく考えながら

日々アップデートしていこうという話

でした。

実は肝心なのは、「減らす」のが先。

お金や時間を稼げない行動をまずは減らして、

その後に増やしていく。

1日24時間なのは世界共通で、貧乏人もお金持ちも関係ないです。

だからその24時間をいかに使いこなすのか。

お金や時間に結びつけるにはどうすればいいのか。

常に考えながら、行動していくのが大事です。

あ、睡眠時間を削るのはほどほどがいいです。どこかでガタがきたり、つまづいてタイムロスになったりしがち。これはぼく経験済みです。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
Aruji

Aruji

のら店主💰

読んでくれてありがとうございます。Aruji(アルジ)といいます。のら店主。知識は財宝だ。ブログは主にお金、ビジネス、ガジェットなど勉強中のことを書きます。未来に向かって勤労して富を稼ぐ人の味方です。一人暮らし歴10年以上。金銭管理と自己投資を自画自賛してます。わりとケチ。これからの未来の働き方、お金の稼ぎ方を研いでいきたい。読んだ本やYouTubeを見まくってかしこさ上げていきたい。口コミや評判が良いおすすめレビューされてる作品やアイテムをAmazonなどで実際に買って使ってみたり感想書いたりもしてます。調べ屋。試し屋。マネーリテラシーやデバイスの使い方は現代社会で必須科目です。フォローやブックマーク、シェアしてくれたら嬉しいです。《装備》聡明の杖/不乱の盾/現世のローブ/閃きの帽子/無限の腕輪/繁栄の書《最近欲しい知恵ジャンル》マーケティング、行動経済学、環境ビジネス・エコ・サスティナブル・SDGs、投資信託、書店の未来、and more…

カテゴリー:
関連記事