千田琢哉の本「勉強」を「お金」に買える最強の法則50の感想。

アルジのブログ「マネ勉」の記事のアイキャッチ画像のために用意した画像

千田琢哉さんの本、

「勉強」を「お金」に変える最強の法則50

を読みました。感想を書いていきます。

ぼくは以前から千田琢哉さんの本はいくつか読んできました。

この本を見つけた時、タイトルを見て

「まさにぼくが欲しかった内容の本だ!」

と思って、ソッコーポチりました。

ネタバレなしです。

SPONSORED LINK

寿命が伸びていることは、稼がなければならないお金も増えているということ

以前ライフシフトという本が流行り、

人生100年時代と言われるようになってきました。

平均寿命はどんどん伸び続けて、

ロボットやAI、医療の進化にともなってさらに伸びていくかもしれません。

現代は資本主義社会。

生きる時間が増えると、生活するために必要なお金も

増えていくことになります。

もういつかのCMのように、24時間働くことはできません。

自分の分身に、代わりに働いてもらう

という工夫が必要になってきます。

その「分身」を作っていこうじゃないか

という本。

そしてその「分身」創ってクオリティを上げるためには、

勉強が要るというわけです。

SPONSORED LINK

大きな枠組みも小さな枠組みも学ぶべし

千田琢哉さんの著書の中で、

「自然の摂理」という単語がちょくちょく出現します。

この本にも出てきました。

自然界の仕組みなどなど、

大きな枠組みで勉強をするべきだという文脈も出てきます。

人間って動物ですもんね。

日々なにかしらの理由があって、行動しています。

そして理由は、見方によっては解明されている箇所もあるよってこと。

そういうのも学んでいこうねと言ってます。

お金は人間が使うモノですからねえ。

人間を理解すれば、お金の動きも見えやすいというのは

なるほどナットク。

ビジネスは人助けということを忘れてはいけない

「ビジネスは人助けが本懐」という趣旨の文があります。

ラクしてお金を儲けたいと思っても、

それが人を助けていなかったら

どうやら淘汰されるらしい。

考えてみたら、そりゃあそうだ。

いま流行ってるアプリやサービスも

どこかの誰かを助けてる。

だから流行ってるんだ。

ラクしてもいいけど、

人助けが出来るように立ち回り

儲けたいところです。

SPONSORED LINK

まとめ、自分を知り人間を知り、何をすべきか。それは創ることだ

千田琢哉さんの著書

「勉強」を「お金」に変える最強の法則50

を読んだ話

でした。

時代に流れがものすごく早いです。

置いていかれないようにするにはどうしたらいいのか。

流れに乗るにはどうしたらいいのか。

それには勉強と運転資金となるお金が必要。

世の中には勉強法とか情報が出回りすぎています。

この本を読む前のぼくのように

いろいろありすぎて何をしたらいいのかわからない、迷っているという方は、

いったんこの本を読んでおくことをすすめます。

この本は、やるべき事を見つける近道になると思います。

そして、本質をつかむことが大事だということにも気づけます。

SPONSORED LINK
Aruji

Aruji

店主💰

読んでくれてありがとうございます。Aruji(アルジ)といいます。お金、ビジネス、ガジェットなどを勉強中。読んだ本やYouTubeを見まくってかしこさ上げていきたい。口コミや評判が良いおすすめレビューされてる作品やアイテムを実際に買ってやってみたり感想書いたりもしてます。調べ屋。試し屋。これからの働き方、生き方を研いでいきたい。マネーリテラシーやデバイスの使い方は現代社会で必須科目です。フォローやブックマーク、シェアしてくれたら嬉しいです。《装備》聡明の杖/不乱の盾/現世のローブ/閃きの帽子/無限の腕輪/繁栄の書

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事